浮気調査で探偵を上手に活用するには

ヘッダー画像
  • 浮気調査の探偵活用術 HOME

浮気調査で探偵を上手に活用するには

浮気調査イメージ

浮気の実態

浮気調査について考える前に、まず以下のグラフを見てみましょう。

結婚相手、交際相手以外にセックスをする相手はいますか?

これは、大手コンドームメーカーである相模ゴム(株)が、2013年1月に全国の20~60代男女、14,100名に対して行ったセックスに関するアンケート結果の中から浮気に関するアンケート結果を抜粋したものです。

このグラフを見てみますと、既婚、独身を含め、現在のパートナー以外にセックス相手は「いない」と答えた人が全体の78.7%、特定、複数、不特定に関わらず「いる」と答えた人の合計が全体の21.3%いるという結果になっています。

この結果は、現在そうした交際相手がいるかどうか?というアンケートの設問なので、過去も含めた場合にはもう少し浮気をしたことのある人の割合も増えるのではないかと思いますが、とりあえず、全体の約2割強の人が現在進行形で浮気を行っているという事がわかります。

ちなみに上記設問で、現在のパートナー以外にセックス相手が「いる」と回答した人の男女比は、男性が26.9%女性が16.3%とやはり男性の方が女性よりも浮気している人が多く、男性は約3人に1人、女性は約5人に1人という結果になっています。

以上の数字を見ていかがでしょうか?

浮気は絶対ありえないという方からみれば、多いなと思われるかもしれませんし、反対に、思っていたよりも少ないなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

あくまで、自己申告のアンケートですので、どこまで現実の数字を反映しているのかはわかりませんが、一つの目安にはなるのではないでしょうか。

浮気調査と言えば探偵

さて、自分のパートナーの浮気を疑った時、まず真実を確かめたいと思うのが自然な心情だと思います。

そして、その手段の一つとして、探偵や興信所などに浮気調査を依頼するという選択肢も思い浮かぶのではないでしょうか。

探偵会社によっても幅はありますが、大体どの探偵会社も全依頼件数に占める浮気調査の割合は、約80%~90%を占めると言われています。

それだけ、浮気調査は探偵の専売特許といえるかもしれません。

しかし一方で、浮気調査の費用は高いというイメージが定着しているのか、いざ依頼しようと思っても二の足を踏んでしまうという方も多いようです。

ここでは、浮気調査の費用をできるだけ安く抑えるためのポイントについて考えてみたいと思います。

探偵の浮気調査費用の大まかな料金体系

浮気調査の料金体系とひとくちに言っても、各探偵会社によって料金プランも様々なので、一概にこれといった決まったものはありません。

ただし、料金体系の基本的な考え方をざっくりと挙げるとするならば、以下のようになります。

1時間あたりの単価×調査員の人数×時間×日数+諸経費

単価の部分は3時間単位、5時間単位など最低稼働時間としてまとまった時間数を設定している探偵会社もあります。

浮気調査においては、調査員による尾行、張り込み等が主な方法になってきますので、単価は人件費がメインと考えていいかと思います。

時間当たりの単価も各探偵会社によって幅がありますが、競合他社との兼ね合いもありますので、どこも一律とまでは言いませんが、だいたい相場の範囲内におさまっています。

そうすると、浮気調査の費用の金額を左右してくる要素としては、調査員の人数と時間数および日数ということになってきます。

つまり、調査員の人数が多ければ多いほど高くなりますし、調査にかかる時間数や日数が増えれば増えるほど高くなるということになります。

反対に、調査員の人数をできるだけおさえ、時間や日数も極力少なくすれば、浮気調査の費用も安く済むということになります。

探偵の浮気調査費用をできるだけ安く抑えるには?

では、どうすれば調査員の人数や時間や日数を抑え、浮気調査の費用を安く済ますことができるのか、大まかな考え方についてみていきたいと思います。

例えば、探偵に以下2つのようなケースで、浮気調査の依頼があったとします。

①最近、夫が急に残業や休日出勤が増え、携帯への見知らぬ着信やメールなどがあり、携帯を見せてと言っても逆切れされる。浮気をしているかどうか確かめたい。

②夫が浮気しているのは確実で、メールの内容から、今度、○曜日の○時頃○○で相手と会う予定になっているので、その時に証拠を押さえてほしい。

①のケースでは、奥さんからすれば限りなく怪しいとにらんでの依頼ですが、あくまで疑いの段階です。

このようなケースで探偵に依頼した場合、「それでは、ある一定期間、旦那さんを尾行して行動を観察してみましょう」ということになります。

そうなりますと、当然、1日べったり、1週間などのまとまった時間と日数がかかることになります。

また、実際に調査をしてみないとどういう展開になるのかわからないため、探偵側としてもあらゆる展開を想定して、調査員も多めに配置せざるを得ません。

そして、結果として、数十万、数百万という金額がかかってしまうことになります。

一方、②のケースはどうでしょうか?

探偵も依頼人の情報をすべて鵜呑みにして調査を行うわけではありませんが、その情報がある程度確実性があると判断すれば、とりあえずは、その浮気相手と会う日時を中心にスポットで調査にあたります。

もし、その情報通りであれば、1日数時間の稼働で、しかもある程度状況も把握できているため、調査員もそれほどの人数を要することなく証拠を押えることができます。

うまくいけば、数万円~十数万円の費用で済ますことができます。

このように、浮気の確実性や情報量によって、費用の金額も左右される傾向にあります。

つまり、ある程度、依頼人自身が自ら情報収集してから依頼した方が、安く済ませることができる傾向にあるということが言えます。

最近では、携帯だけではなく、Facebook、LINEなどSNSによる通信手段も増えてきましたので、そういったものから事前に情報収集がしやすくなったということもあってか、大量の情報や証拠を持参して探偵に浮気調査を依頼される方が増えてきたと聞きます。

ただし、いくら依頼人が自分で動けば費用が安く済むからといって、感情的にバタバタと動くことによって配偶者にばれてしまい、浮気の当事者が警戒してしまい、その後の浮気調査がやりにくくなり、結果として高くついてしまうという事にもなりかねませんので、情報収集は慎重に、なおかつ無理をしないということが重要です。

浮気調査を探偵に依頼するにはどうすればいいのか?

配偶者が浮気の常習者で、何度か探偵に浮気調査を依頼したことがあるという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどは探偵に依頼するということも初めてという方も多いのではないでしょうか?

探偵という職業も一般的にはよく知られていませんので、依頼するとなっても先に不安がよぎってしまうのも無理もありません。

怪しい会社じゃないだろうか?

高い費用を請求されるんじゃないだろうか?

安心して任せられるだろうか?

依頼する目的が達成できる会社だろうか?

等々、いろんな不安材料があるかと思います。

探偵を探すべく、ネットで検索して1軒1軒会社に問合せ、できるだけ多くの会社から見積もりを取るのがベストですが、忙しくてなかなかそうした時間を取れない、またはどの業者が良いのか、調べれば調べるほどわからなくなってしまったという方も多いはずです。

そうした時にオススメできるのが、『探偵探しのタントくん』です。

タントくんとは?

依頼人と複数の探偵社との間に入り、こちらの条件にピッタリの探偵を無料で紹介してくれるマッチングサイトです(タントくん公式サイト)。

タントくんイメージ

タントくんを使うメリット

  • 紹介される業者は、タントくんによる厳しい審査を通過した浮気調査を得意とする探偵社ばかりなので安心できます。
  • 何度相談しても無料で、紹介料も一切かかりません。
  • 間にタントくんが入るため、相談時において探偵側に個人情報が伝わらず、さらに匿名での相談もOK
  • 直接探偵社に言いずらい金額交渉や細かい希望もタントくんが代わりに交渉してくれるので相談しやすい。
  • 複数の探偵社の中から紹介してくれるので、一軒一軒、探偵社に問合せる手間と時間が節約できる。

タントくんについてさらに詳しく

タントくんへの問合せ

タントくんを利用せず、個別に探偵に依頼したい場合

上記タントくんは提携している複数の探偵社の中から条件にピッタリの探偵を紹介してくれるというものですが、そうではなく、個別に調査を依頼したい場合には当サイトの下記ページを参照ください。

⇒ 浮気調査専門の探偵興信所ランキング